個人年金保険控除枠を利用して節税

節税ネタです
利用している人が実はあまり多くない個人年金保険控除枠の利用について

年金目的だと今はiDeCo、積立NISAがありますし、保険商品だと生命保険扱いのものが多いです
個人年金のみの商品をわざわざ契約している人はそんなに多くないと思います

個人年金保険料控除とは

老後資金を準備するなどの目的で加入する個人年金保険の保険料が控除できます
年金なので掛け金は将来戻ってきます
掛け金を控除できるのであれば最初からその分の利率を期待できると同じ意味なのでお得ですよね

控除額は以下の通り

所得税
年間の支払保険料等 控除額
20,000円以下 支払保険料等の全額
20,000円超~40,000円以下 支払保険料等×2分の1+10,000円
40,000円超~80,000円以下 支払保険料等×4分の1+20,000円
80,000円超 一律40,000円
住民税
年間の支払保険料等 控除額
12,000円以下 支払保険料等の全額
12,000円超~32,000円以下 支払保険料等×1/2+6,000円
32,000円超~56,000円以下 支払保険料等×1/4+14,000円
56,000円超 一律28,000円

上記の通り、もし掛け金が月1000円で年間12,000円であれば所得税、住民税それぞれ全額控除されますね
所得税率20%であれば 12,000 x 0.2 = 2,400円
住民税は一律10%ですから 12,000 x 0.1 = 1,200円
12,000円の掛け金に対して合計3,600円戻ってくる計算になります
複利ではないですが30%の利率になるのでかなりお得ですよね
(現実問題として月1000円の掛け金で加入できる個人年金保険は存在しません)

所得税率20%の場合、掛け金に対する控除額は以下の通りです

掛け金(月額) 掛け金(年) 所得税控除額 住民税控除額 掛け金に対して戻りの金額の%
1,000円 12,000円 12,000円 12,000円 2400 + 1200 / 12000 = 30%
3,000円 36,000円 29,000円 23,000円 5800 + 2300 / 36000 = 22%
5000円 60,000円 35,000円 28,000円 7000 + 2800 / 60000 = 16%
10,000円 120,000円 40,000円 28,000円 8000 + 2800 / 120000 = 9%

注意点がいくつかあります。下記の要件を満たしている保険が対象となります

  1. 年金受取人が契約者またはその配偶者のいずれかであること
  2. 年金受取人は被保険者と同一人であること
  3. 保険料払込期間が10年以上であること
  4. 年金の種類が確定年金や有期年金であるときは、年金受け取り開始が60歳以降で、かつ年金受取期間が10年以上であること

おすすめはJA共済のライフロード

掛け金に対するリターンの割合を期待するのであれば月1,000円の掛け金が最適となりますが、その少額で契約できる保険は見つかりませんでした
個人年金保険の最低掛け金はどこの会社も5,000円〜というところがほとんどでした

その中で唯一見つけたのがJA共済のライフロードです
ここの保険は一口3,000円から契約することができ、内容もそこそこのものでした


最大のメリットは、元本が減らない運用
利率は当初5年間は、0.5%の予定利率に固定で運用
その後は60歳まで最低0.75%の予定利率が保証される
(予定利率が見直されれば資金が更に増える)

定期預金よりはだいぶマシだけど投資商品としては守りの運用資産となります(ほぼ増えることは期待できない)
なので節税目的の月3,000円以上資金を投下する必要は無いと思います