生命保険料控除枠を利用して節税

こちらのエントリーの関連で節税ネタをもう一つ
investigation.hateblo.jp

生命保険料控除とは?

一般的な生命保険料にかかる控除です
控除の計算式は個人年金保険控除と同じ

所得税
年間の支払保険料等 控除額
20,000円以下 支払保険料等の全額
20,000円超~40,000円以下 支払保険料等×2分の1+10,000円
40,000円超~80,000円以下 支払保険料等×4分の1+20,000円
80,000円超 一律40,000円
住民税
年間の支払保険料等 控除額
12,000円以下 支払保険料等の全額
12,000円超~32,000円以下 支払保険料等×1/2+6,000円
32,000円超~56,000円以下 支払保険料等×1/4+14,000円
56,000円超 一律28,000円

個人年金と違い生命保険ですから通常は掛け捨てになります
そして貯蓄性の高い生命保険商品は控除の対象外とされる事が多いです

おすすめは明治安田生命のじぶんの積立

この保険は何かの間違いなんじゃないか?と思うほどお得です


ほぼ誰でも加入できる
掛け金を「生命保険料控除」にできる
いつ解約しても積立金が100%以上戻ってくる
戻ってくるお金は「一時所得」扱いになる
契約中、掛け金の「減額」が可能

要はいつでも解約できて、解約した場合払い込んだ保険料は100%返ってくるという非常に利用者にメリットが多い保険
現在他に生命保険に加入していて控除枠がないという人以外は加入しておいて損はないでしょう

デメリットは?

インフレには対応できません。

掛け金がそのまま(少しだけ増えて)戻ってくるので貨幣価値が下がってしまうと結果的に損します
(現在の120円はジュース一本分であるが、10年後受け取る120円でジュースが一本買えるかどうかは、その時の経済状況次第)

他にもっと良い金融商品はいくらでもあります

個人年金保険控除についてはライフロードが月3,000円で加入できたためかなりお得でしたがじぶんの保険は一口月5,000円からになります
年間60,000円払い込んで控除で戻ってくる金額が9,800円ですから10年で98,000円のリターン(+3%の利息)
これはだいたい年利3%で複利で積み立てていった場合のリターンと同じか少し高いくらいの実質利率になります
年4%で運用していけるのであればそちらの方が得になります